contents_title

「リフォームをしよう」と決意が固まるタイミングは人によってバラバラです。
「子供の勉強部屋が必要になった」「高齢者との同居でバリアフリーが必要になった」「料理に興味があり、本格的なキッチンにしたい」など、目的もタイミングも異なります。
思い立ったら即実行ではなく、適切なリフォーム時期がございますので、その時期に合わせてリフォームを行うようにしましょう。

古くなった住宅の修繕リフォーム

急にお風呂が壊れたり、雨漏りなどのトラブルは一刻も早く手をつける必要がございます。
住まいの老朽化に気づいたら早急に修繕を行いましょう。緊急性が高いこのリフォームには急な出費が伴います。お金をすぐに用意できるようにしておいてください。
あらかじめ信頼のおけるリフォーム会社を探しておくのも一つの安心要素です。同時にメンテナンスリフォームも検討することで、費用も手間も無駄のないリフォームが可能となります。

メンテナンスのためのリフォーム

大切な住まいを長持ちさせるためのリフォームです。
防蟻工事は5年ごと、外壁塗装なら10年ごと、キッチン・バス・トイレなどの水周りのリフォーム修繕なら15年ごとと、部位によって「修繕周期」「耐用年数」が異なります。
メンテナンスのタイミングを逃してしまうと後々出費がかさむ場合もございますので気をつけましょう。

人のライフスタイルに合わせたリフォーム

時間の経過とともに家族の形や暮らし方は変化します。
新婚家庭から子育てに適した家、また二世帯住宅などにリフォームしていく必要がございます。家族の構成が大きく変わる時期や、子供の独立や定年退職などの人生の大きな節目に行うことが多いようです。
10年後、20年後と将来の暮らしのシーンを想像し、家族の人数が後々2人、3人と増えても対応できるように、そして歳をとっても快適に暮らしていけるような住まいづくりの計画を立てておきましょう。

 

一戸建てリフォーム・マンションリフォームの際は、福岡市南区にございます当社へご相談ください。


コンタクト