contents_title
中古マンションリフォームの際注意したいこと

最近は、中古マンションを求める人が増えているようです。
中古マンションは、やはり価格が安いことが最大のメリットです。
物件数が多いので、住みたい地域で物件を見つけることができます。新築のマンションですと、実物の住まいを見学して決めることが難しいこともありますが、中古のマンションなら事前に見学をし、住み心地や隣人関係などを把握してから住むことができます。

 

また、中古マンションは、リフォームすることで、さらに快適な生活を送ることができます。
しかし、中古マンションをリフォームするにあたっていくつか注意しなければならないことがあります。

マンションは専有部分と共有部分で成り立っています。
専有部分は、マンションを購入した人が生活する部屋そのものの部分です。そこは、部屋の所有者が自由に利用して管理できますのでリフォームが行えます。
専有部分以外が共用部分とされ、マンションの住民全員のものとなりますのでリフォームが行えません。

マンションの構造には、壁式構造とラーメン構造があります。
壁式構造は壁と床で建物を支えており、壁の中に建物を支える構造壁が含まれていますので、間取りの変更に制限があります。
一方、ラーメン構造は柱と梁で建物を支える構造で、部屋内の仕切り壁の取り外しが自由なことが多く、間取り変更が行いやすいです。

マンションリフォームの際には、管理組合への届け出が必要なことが多いです。
届け出の内容や届け出をする時期は管理組合によって異なるため、早めに問い合わせをし、確認することが重要です。
また、隣、上下の住民に工事をすることを伝えるための挨拶まわりは、これからのご近所付き合いのためにも忘れずに行いましょう。

 

マンションリフォームでより快適な生活を送りませんか?
福岡市、鳥栖市、春日市、飯塚市、久留米、古賀市のマンションをリフォームするなら、ぜひお近くの当社に任せ下さい。これから10年先、20年先の生活をより充実させるためのご提案を致します。


コンタクト